CAT GROUP

CAT GROUP

東京と大阪に拠点を持つ、アニメ・マンガ・声優に特化した専門学校

キャリアサポート

Home > キャリアサポート > 5つのポイント > Point4 多彩なゲストが続々来校!

5つのポイント

Point4

多彩なゲスト続々来校!

最前線で活躍するクリエイターを招いてお話を伺います。在学中からプロの世界を肌で感じることがモチベーションアップにつながります。

関 俊彦

声優 関 俊彦 2011年8月来校

自分の気持ちを大切に。「好き」なことに夢中になろう。

演技には、その人の内面が表れます。役を理解し、物語に没頭すること。そして何より、普段から自分を磨くことが重要です。自分から動いていかなければ何も身につきません。自分の興味や「好き」という気持ちをいつでも大切にしてください。映画や人、何に対しても「好き」だと思ったら夢中になって。そうやって自分を深めていくことが、演技の幅に繋がります。

「仮面ライダー電王」モモタロス役/「NARUTO-ナルト-」イルカ役
「機動戦士ガンダムSEED」ラウ・ル・クルーゼ役
「幻想魔伝最遊記/最遊記REROAD」玄奘三蔵役

柿原 徹也

声優 柿原 徹也 2011年8月来校

演じるキャラクターを誰よりも可愛がってあげよう。

あの声優さんみたいになりたいと考えることがあると思います。モノマネから入るのはいいことです。でも、オリジナルには絶対に敵わない。ずっと誰かの真似ではダメです。常に自分と向き合うことが大切です。『他の人はこうするだろうな。でも僕だったらどうする?』を考えてみましょう。そして演じるキャラクターを誰よりも可愛がってあげましょう。

「天元突破グレンラガン」 シモン役/「FAIRY TAIL」 ナツ・ドラグニル役
「青の祓魔師」 アマイモン役

堀内 賢雄

声優 堀内 賢雄 2012年9月来校

朗読は「読む」のではない。「聞かせる」こと。

DJやテレビのリポーターを経験した後、声優になりました。今も吹き替えなど幅広く活動しています。すべてに共通しますが、朗読では自分がリラックスをして臨めるように訓練しておくことが必要です。「一生懸命に読むこと」だけに集中していては、物語のニュアンスが伝わりません。読むのではなく、誰に聞かせるかを意識してください。また、自分の緊張感が伝わらないようにすることも大切です。

「機動戦士ガンダムZZ」マシュマー・セロ役/「NARUTO-ナルト-」
ペイン役/「マイノリティ・リポート」トム・クルーズ吹き替え
「セブン」ブラッド・ピット吹き替え/ゲーム「アンジェリーク」シリーズ

中村 悠一

声優 中村 悠一 2012年6月来校

ナレーションで一番大切なことは、内容を正確に伝えること。

ナレーションはアニメと違って、現場で決まることが多いです。「全体的に明るめで」「ターゲットは子どもです」など、大まかな設定だけ決められて、あとはナレーターに委ねられたりします。難しいですが、比較的自由にできるのは魅力です。ナレーションで一番大切なことは、内容を正確に伝えること。そのためには、日頃から色々なことに興味を持つことが大切だと思います。今まで興味のなかったことにも積極的に向き合ってみましょう。

「おおきく振りかぶって」阿部隆也役/「マクロスF」早乙女アルト役
「CLANNAD -クラナド-」シリーズ 岡崎朋也役
「機動戦士ガンダム00」シリーズ グラハム・エーカー役

吉野 裕行

声優 吉野 裕行 2012年5月来校

声優は多くのスタッフやファンに支えられている選手のようなもの。

声優という仕事はサッカーなどのスポーツと共通点がたくさんあります。個人の技術で打開したり、チームで戦略的に戦ったり、その状況に応じて臨機応変に展開していくことが僕らの仕事と、とても似ていると思うんです。作品全体として要求される芝居と、自分のやりたいことが違うとこもあります。そんなときは意見を交換し合って、みんなで作り上げていきます。僕ら声優は多くのスタッフやファンに支えられている選手のようなものだと思います。

「イナズマイレブン」鬼道有人役
「薄桜鬼」藤堂平助役

田中 真弓

声優 田中 真弓 2012年4月来校

全ての経験は面白い。

舞台でもなんでも、やらない人生よりはとりあえずやってみたら良いと思います。恥をかくという経験が、その時は傷ついたとしても後で役に立つこともあります。全ての経験は面白いんです。演技は普段からみんな日常的にしているんですよね。例えば、転んでしまって凄く痛くても、別に痛くないフリをしたり。役者って、そんな日常的にお芝居をしてしまう弱虫で可愛い人間が好きって思える人がなれる仕事なのかなと思います。

「ONE PIECE」モンキー・D・ルフィ役/「ドラゴンボールZ」クリリン役
「忍たま乱太郎」摂津のきり丸役/「天空の城ラピュタ」パズー役

福山 潤

声優 福山 潤 2013年2月来校

オーディションでは自分の本質を伝える工夫を。

僕らは止まって演じないといけない。体の生理にないものをさも生理があるように表現しなくてはいけない所というのがとても難しい所です。自分の中でいかにリアリティを持って演じていくかが、とても大切だと思います。僕らは受け渡す側で、視聴者は感じ取ってくれる。お互いの信頼関係、相互関係が成り立つものなんですよね。いろんな人が関わって絵を作って、それを僕らが受け取って演技をしていくこと。伝えたいことを受け取って最後に渡すことが僕の仕事だと思っています。

「青の祓魔師」雪男役/「中2病でも恋がしたい」富樫勇太役
「K」八田美咲役/「しろくまカフェ」パンダ君役

千々松 幸子

声優 千々松 幸子 2010年5月来校

経験するものすべてを大きな財産に。

さまざまな事象を観察し、分析して自分の中に取り込むことで経験値という「引き出し」がつくられます。それが演技に役立ち、その素地があってこそアドリブも含め、適切に演じることができるのです。もちろん発声の練習も欠かせません。そういった心構えや技術は学校でしっかり学んでください。その上で自信を持ってチャレンジをし、評価を受けてください。チャンスをモノにするのも才能の一つですよ。

「魔法使いサリー(第1作目)カブ役/「超電磁ロボ・コンバトラーV」北小介、ミーア役/「ドラえもん」のび太のママ役/「ど根性ガエル」ピョン吉役/「ムーミン」メソメソ君役/「サイボーグ009(第7期)」001イワン・ウイスキー役/「ケロロ軍曹」ケロロ母役/「フラクタル」大婆役

森田 成一

声優 森田 成一 2012年7月来校

耳を鍛えて、脳を鍛えて、心を鍛えましょう。

良い役者さんとは“聞ける役者”です。相手の台詞をちゃんと聞けること。場面や相手の心理によって表現を変えなければなりません。ですから、良い役者はみんな“耳”が良いんです。喉を鍛えたり、滑舌を良くするよりも、まず“耳”と“考える脳”を鍛えましょう。大きな声、滑舌…それらは訓練次第で後からどうにでもなります。それより、いましかできないことをやりましょう。耳を鍛えて、脳を鍛えて、心を鍛えましょう。

「キングダム」信役/「TIGER&BUNNY」バーナビー・ブルックス・Jr役
「リングにかけろ1」高嶺竜児役/「聖闘士星矢」ペガサス星矢役
「BLEACH」黒崎一護役

ときた 洸一

漫画家 ときた 洸一 2005年1月来校

誰にも負けない得意なジャンルを確立しよう。

漫画家にとって一つ得意なジャンル、こだわりを持つというのは強みになります。自分のポジションを確立するところから、プロの仕事は始まるのではないでしょうか。才能は伸ばすためにあるものです。誰にも負けない才能を伸ばすのだと自分に言い聞かせて、描き続けるしかないのかもしれません。何でも描けるという人はいません。このジャンルならアイツ、といわれなければ仕事は来ませんよ。

「機動戦士ガンダム00F」角川書店刊
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」講談社刊

井上 喜久子

声優 井上 喜久子 2012年9月来校

一つの作品は役者だけでは成り立たない、共同作業です。

声優としてデビューしても、決してひとりでは作品は成り立ちません。声優はもちろん、音響さんなどさまざまなスタッフの方がかかわります。そのスタッフさんや共演者とのコンビネーションがなければ、決して成り立たない世界なんです。スキルアップは必須ですが、周りの方々とのコミュニケーションを図る能力も重要です。多くの人の協力によって完成された作品だからこそ、感動を与えられるのだと思います。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」セシル役
「ああっ女神さまっ」ベルダンディー役/「CLANNAD」古河早苗役
「マクロスF」グレイス・オコナー役

福田 己津央

声優 福田 己津央 2010年5月来校

「力」だけでも、「想い」だけでもダメ。

何事も真摯な気持ちで、向上心を持ってより高いレベルを目指し続けることがプロとして大切。私の作品では、映画、小説、舞台などで使われるアニメでは珍しい手法を取り入れています。また、コミュニケーション能力を身に付け周りが何を望んでいるかをつかんで演じることも重要。学校で学ぶ技術=「力」を磨くことと、強い気持ち=「想い」を持ち続けることの両方が大切なんです。

「機動戦士ガンダムSEED」/「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」

水島 精二

声優 水島 精二 2011年1月来校

アニメの現場に限らず、大切なのはコミュニケーション。

プロは苦手ジャンルがあっても、得意ジャンルがなくてもいけないので大変です。好きなものだけ描けてもダメ。学生時代にしっかり基礎を学んで、バランスのあるスキルを身に付けておいてください。アニメの現場に限らず、大切なのはコミュニケーションです。同好の子とともに語り、学び、スキルを磨いてください。そしてさまざまな経験を、恐れずに楽しんでください。若いころにした経験は、必ず役に立ちますから。

「鋼の錬金術師」/「地球防衛企業ダイ・ガード」
「シャーマンキング」/「機動戦士ガンダム00」

朴 ろ美

声優 朴 璐美 2013年3月来校

自分に真剣になったら、人生がちゃんとあなたに何かを返してくれる。

演技をする上で1番大切なのは、自分の魂の音で役に挑んでいくその心だと思います。役者という仕事は真剣に相手と向き合わなくてはなりません。じゃないと他人を演じることなんて出来ません。逃げずにちゃんと自分に真剣になったら、人生がちゃんとあなたに何かを返してくれます。だからアツいハートで頑張ってください。そして、いつの日かどこかのスタジオ、ステージで皆さんと一緒に1つの作品を創り上げる仲間になれたら嬉しく思います。

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エドワード・エルリック役
「NANA」大崎ナナ役/「ヒゲぴよ」ヒゲぴよ役
「トリコ」小松役/「デッドマン・ワンダーランド」五十嵐丸太役

カズキヨネ

イラストレーター カズキヨネ 2011年1月来校

絵を描くスキルだけでなくたくさんの人との出会いを大切に。

女性向けのゲーム関係や出版関係で主に仕事をさせていただいています。仕事で絵を描くにはスキルやチャンスなど、色々なことが必要になってきますが、その根本には人脈が含まれています。出会いがあるから新しい世界が広がって次の仕事にも結びつく。ただ絵が描けるだけでは仕事になりません。皆さんも学校の勉強の中でスキルを磨くと同時に、たくさんの人と出会ってください。案外意外なところからきっかけやチャンスが訪れるかもしれませんよ?

オープンキャンパス毎月開催中! 資料請求はこちらから!